História Da Capoeira

〜  カポエィラとは  〜

 

カポエイラは、武器を持たない奴隷階級の素手による攻撃・護身術として生まれました。ポルトガルの支配下にあった植民地時代、主にさとうきび畑での労働力として大量のアフリカ人奴隷がブラジルに送られてきました。当時の奴隷市場は港町バイーアにありましたが奴隷とともにアフリカの楽器や宗教・文化も入ってくることになりました。その中に西アフリカの奴隷が持ち込んだ格闘技があり、これがカポエイラの起源だという説があります。奴隷たちは苛酷な労働を強いられた上、支配者から理不尽な暴行を受けることもありました。その中で土着格闘技であったカポエイラが身を守るための実践的な形に変わってきたとされています。しかし奴隷たちは、格闘技術を磨くことを禁止されており、例え練習であっても見つけられたら即座に処刑するという手段で弾圧されることになります。様々な困難にもかかわらずアクロバット・宗教儀式にみせかけカポエイラをすてることはありませんでした。その際カモフラージュの手段として楽器・歌が取り入れられ、現在の形式に近づいたのです。

格闘技・ダンス・音楽・歌・文化 いろいろな要素が含まれたスポーツは世界でもカポエイラだけ・・・・。

 

Principal

Professores

Academias

Blog

Fotos

Contato

 

 

 

 

inserted by FC2 system